台風19号去った後の野田市の江戸川橋梁。

2019年10月13日:野田市のこと

台風19号は経験したこともない台風でした。
住んでいる野田市もとても力を入れていた台風でした。

そういう意味では驚きの白さならぬ、驚きの野田市でした。

なぜ、こうなったのかはわかりません。
でも、野田市としても課題をいくつも残したものになりました。

実は台風19号が来る前の江戸川にかかる、東武アーバンパークライン(野田線)の江戸川橋梁で撮影をしていました。
今回は警報や情報を出していた身分として言うと、それらを見た上で行きました。

台風が来る前。10月10日撮影

正直なところ、そこまで変わらないと思います。
なぜならば、台風や豪雨がこなければありきたりの風景を撮影をしたに等しいのですから。

台風19号翌日。10月13日撮影

土手でサイクリングを楽しんでる人がいれば、他にも様子を見に来てスマホで撮影しに来た人もいました。

夜中になった避難

どうやら市内でもうちではなくても、河川敷に住んでいる人やハザードマップで低いところに住んでいる人は夜中の3時頃にサイレンがなって、避難した人もいるようでした。

野田市は今回は避難所や対応はとても速かったですが、気を遣うというハードの即応力はあっても、ソフトウェアは相変わらずのドベさでした。
今後の課題ですね!ぜひぜひ変わってほしいと思っています。

流れを撮影してました

動画でこのような形で撮影をしていました。

この記事のトラックバック用URL

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA