野田市の市議会議員補欠選挙の二人に会ってみた!

2020年6月23日:野田市のこと

野田市では、2020年6月28日から野田市長選挙・市議会議員補欠選挙があります。
しかしながら、市長選は無投票ということで…。
これからも二期目ということで活躍されることでしょう。

野田市長選 54年以来の無投票 鈴木さん再選果たす

そうなると、影が薄い野田市市議会議員補欠選挙のみ行われることになりますが、今回このバカは…。
2人しかいないならチラシコンプしたい。。
ということで、川崎氏・渡辺氏双方の選挙ビラをコンプするという馬鹿らしいミッションを行うことにしました。
さらに、双方の候補に会うこともできたので、正直恐縮する機会やお話する機会もあり、とてもよかったです。

市議補選と言えど、、
この前の市議会議員選挙で川崎氏はN国の候補に『2票差』で負けており、そこに今回の補選でホリエモン新党&N国の候補が来る。。
色んな意味で熱いんです。地味に。。

注意!

これは尾咲すずのほぼ趣味全開でやったことです。そのため…。どっちを応援するとかそんなこともありません。
しかし、選挙ですのでどちらかに入れなければなりません。

単に記録みたくかいていますので、どちらを応援するとか、どっちに投票するとか言われても、ノーコメントにさせて頂きます。

だから、応援してください!とかTwitterで来ても。。困りますのでそういうのはお引き取りください。

さらに言いますが、野田市の選挙管理委員会(選管)にどのように書けばいいの?って感じに事前に聞いた上で行っております。
選管にのちのちこの記事の話も連絡いたしますので、気をつけてください。

※立候補者の順序は「あいうえお順」に書いております。

ってか困った

公職選挙法でこのような地方選ではざっくり言えば。
4千枚しか選挙ビラはくばれません。
さらに配る方法にもポイントがあります。それは選挙事務所で配布するか、街宣で配布するか。という二点です。
選管に記事有無を聞いた時に、川崎氏は選挙事務所が「あーにゃる」って感じにわかったのですが、渡辺氏は「選挙事務所ないので…街宣しか…」

どーじろというの!!私!引きこもりなんだよ!!どーじろというの!!

ってなってしまうわけで。
そこで、Twitterを見ていき。。出先だったのを利用して。
選挙ビラを入手することができました。

事前に言いますと、選挙ビラとかこのような掲載(SNSやTwitterも含む)というのは、いくら第三者であろうが、公選法としては選挙活動扱いとかで。。本音は色調補正とか綺麗にしたいのですが…。
スマホで単に撮影。そしてそのままをアップという形を取ってます。

川崎氏の選挙ビラ

川崎氏の選挙ビラはA面印刷のみ。ただパンフレット(正確には討議資料と言います)があるのでパンフレットの表紙1と表紙4を写真撮影。

川崎たかし氏のTwitterアカウント

渡辺氏の選挙ビラ

渡辺氏の選挙ビラは両面印刷。・・・しおれた理由は雨が降っていたところだったので。残念ながら雑な私ですので。。そこはご了承ください。

渡辺くにひろ氏のTwitterアカウント

物事フェアになると…

たしかに完璧な中立も完璧な人間っていうのは存在しておりません。
しかし、なるべく私はフェアに進めたいということで…。渡辺氏の街宣の後に川崎氏の選挙事務所に向かって入手しております。
そうなると、双方に会ってる?ってなります。。
会ってますね。
※何をお話をしたか秘密です。

そこで…。ここからは順序は会った順になりますが…。

まずはホリエモン新党の渡辺氏

ホリエモン新党(N国さん)の渡辺氏の街宣で貰って、もちろんお話できる機会があり…。お話できました。
たしかに、N国だのホリエモン新党だのと印象だの偏見な視線はあるでしょう。。
しかし、そのような視線より。
重要なのは人間と市議になったら~っていう点になります。ならば…。そういう枠を取ってまずは見ようか…って感じになりました。

私も34歳ということで、たしかに同じ歳だからこそ話が合うっていうのはあるので、そういう印象がありましたね。
インドアとアウトドアな人の話なので、どういう感じになるかはお察しください…

というより…。
そりゃ、タメなのだから感じいい以前にそういう同じ歳だから話せるっていう点はあるのではないでしょうか…

野田市のお話や今後の未来という、たしかに漠然とした内容について話されてはいましたね。あとは世間話に近いかもしれません。

その後、川崎氏へ

川崎氏は無所属で元々個別指導の学習塾のお話は結構前から聞いていました。
以前に野田市で発達障害といった専門の個別指導の学習塾の方とお話した経験もあり、そこで…。

発達障害やてんかんを持つ身分として、その辺の教育における濃厚な会話していたような…。あとは俗にいう世間話に近いかもしれません。

だいたいが教育現場における~とかそんな感じ?

生まれて初めて選挙事務所という場所に行きましたが、とても周囲のスタッフの方にもよくしてもらい、とてもよかったです。(だから語彙力)

こう見ると、渡辺氏と川崎氏の話してる内容全然違うじゃん!と思われますが…。
そういうものではないでしょうか。双方の得意分野のところでお話しただけですし…。
渡辺氏は情報なかったので、そういう感じになったと思います。

選挙ビラを見ちゃえばわかりますが、、農業と教育…。同じ話になるっていうのは。。。

2人がどんな人なのよ?

私自身は結局は能力主義な側面もあるので、若いとか年齢が上にいってるとか気にしません。
年齢や性別なんてボーダレスです。
そのため、年齢とか気にせずその辺はきちんと取り組む方に政治は任せたいというのが本心です。

ただ、会ってみると。。
双方、ビジョンというのがあるのと、悪い変なことは考えてないのかなぁ。。って感じます。
感じはとてもよく、こんな一市民にたいしてきちんと対応してくださったのは、本当にうれしい限りでした。

とはいえ。
世の中、私にだって隠したい黒歴史あるし、双方の候補にだってあるでしょう。。
それはそれで今はえーかなぁ。。っていうのが半分あります。

というか。。
語彙力や食レポもできない私がさ。。どんな人って言われて、人柄有無を詳細に書けないに決まってるでしょ!!!

追記

唯一共通してるとしたら。。。
「今度の市議会議員選挙に出たらどうです?」と振られたぐらい?これで何人目だよぉぉぉ。。政治家は私には向かないし、やらないよぉぉ。

この記事のトラックバック用URL

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA